« 無事帰還 | トップページ | トラウマ! »

2011年4月 1日 (金)

ストライク!

 今回読破したのは「ARCADE GAMERS白書 Vol.2」 メディアパル です。

 ARCADE GAMERS(アーケード・ゲーマーズ)白書 Vol.2

 今は見る影もないアーケードゲームの歴史を振り返る内容で、形式的にはシリーズ通りの紙面。前巻はアーケードゲーム誕生の1978年から1986年までのゲームが紹介されていたが、今書は続きである1987年から1995年までに発売されたアーケードゲームを紹介している。

 この時代は個人的にアーケードゲームにハマっていた時代と一致し、ゲーセンで体験した懐かしいタイトルが目白押しで、読んでいてかなりノスタルジーに浸れた。当時は情報誌を熟読していたので、殆どのタイトルは知っているし、何作かは少ない小遣いを投入し没頭した。

 ゲーセンのゲームに関しては後に別にコラムを設けるが、私の人生の中ではゲーセンという空間は大切な一部分だったのだ。

 本書は1995年の3D対戦格闘ゲームの勃興で一応の区切りを付けている。確かに、2D対戦格闘ゲームと共にゲーセンをにぎわせていたこれらのゲームが稼働していた時代が、ゲーセンの絶頂期だった。家庭用ゲームとの差別化が無くなり、インターネットの広がりと共にゲーセンという場所にこだわりは無くなった。寂しい事だがこれが現実だ。しかし、ゲーセンという空間にかつてあった素晴らしいアーケードゲームという資産をこうした書籍で振り返る事は必要な事だ。

 ノスタルジーではなく、文化として。

|

« 無事帰還 | トップページ | トラウマ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

投稿: インターネットマーケティングの戦略を研究 | 2011年4月 1日 (金) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034180/39449120

この記事へのトラックバック一覧です: ストライク!:

« 無事帰還 | トップページ | トラウマ! »