« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月25日 (金)

間口の広い邪神召喚

今回読破したのは、いい大人達+坂東真紅郎/アーカム・メンバーズ著「クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達リプレイ 生放送で邪神召喚!」です。

クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達 リプレイ 生放送で邪神召喚! (ファミ通文庫)

実況グループ「いい大人達」がプレイした、クトゥルフ神話TRPGのリプレイ。

とはいえ、いい大人達に関しては、全く知識がありません。クトゥルフ神話TRPGのリプレイ、というだけで購入しただけ。
タイトル通り、実況の生放送中に神話生物を召喚してあら大変、というシナリオ。

小さなビルのみが舞台で、これで1冊分持つのかな?と要らない心配をしたが、ちゃんとまとまっていた。

キャラクター(PC)が、グループのメンバーのまま、という事で、彼等を知らない身としては正直感情移入は出来なかった。
まぁ、リプレイというモノは、ゲームの進め方を紹介する為のモノだから、感情移入は要らないのかもしれないが、それこそ動画サイトにUPされているリプレイには、聞き応えのあるモノも多く、そうした動画は一つの作品として成り立っている。

まぁ、今回は「いい大人達」というグループをフィーチャーしているわけだから、コレで良いのだろうが・・・

個人的には、初心者用ではなく、ヘビープレイヤー向けのリプレイも読んでみたい。

《インクの匂い》 (甲・乙・丙)=「乙」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

移植状況

今回読破したのは、主婦の友社刊「The 移植ゲー」です。

The 移植ゲー

アーケードから家庭用へ、またはその逆、というゲームの移植状況をまとめた1冊。主にPS世代までのゲームを紹介している。

移植前と移植後の簡単な作品の解説をゲームのジャンル毎にまとめた構成。
画面写真もそれぞれ元のゲーム画像と移植先の画像を並べて掲載。可も無く不可も無い構成だが、難点はテキストだ。

誤植が(多くはないが)、気になる。作品紹介用の囲みが、同じテンプレートの使いまわしなのか、元が家庭用なのに「稼働開始時期」と紹介されている。「発売日」、と記されている記事もある為、明らかにチェックミス。その他、文章が切れていたり、開発元を間違えていたりと、書籍として如何なものか?というミスが多く見受けられる。

こうしたレトロゲームを紹介する書籍の場合、一定の史料価値がなければならないと思う。確かにゲーム画像は一番のウリだろうが、発売日や発売元のデータも同じ位重要なハズ。

その辺が疎かで、雑さが感じられる残念な作りだ。

《インクの匂い》(甲・乙・丙)=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

シューティング黎明期

今回読破したのは、メディアパル刊「OLD GAMERS HISTORY Vol.8シューティングゲーム胎動期編」です。

OLD GAMERS HISTORY Vol.8

お馴染みのレトロゲーム紹介本のシリーズ。今回は、シューティングゲーム編。
業務用ビデオゲーム「コンピュータースペース」に始まるシューティングゲームを紹介していく内容。ダウンロード販売の状況等、ページ構成はもはやテンプレート。シリーズを通して読んで来ているなら、もはや安心感すら感じる。その中で、多くのゲーム紹介に、フライヤーの画像がある事に注目。

アーケードゲームが中心だが、フライヤー自体見る機会が少ない為、資料価値は高い。これに関しては前シリーズ(アクションゲーム編)からの継続だが、小さい写真ながら当時の雰囲気を感じられる構成は良いと思う。

個人的にシューティングゲームは得意では無いだけに、思い入れも少ないのだが、当時のレトロゲーム機はシューティングだらけだったので、カセットビジョンソフトの紹介があったりして、かなり興味深く読めた。

次回は、R-TYPEやドラゴンスピリット、雷電といった有名所の紹介が予定されている。楽しみだ。

関係無いが、今回より紙質が変化したようだ。インクの匂いが個人的に心地良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »