« シューティングの最盛期 | トップページ | ギャルゲーの歩み »

2016年4月20日 (水)

同テーマ

今回読破したのは、前田尋之著「アーケードゲーム進化論 シューティング編」です。

アーケードゲーム進化論 シューティング編 (OAK MOOK)

一つ前にレビューした「OLD GAMERS HISTORY」と同じ様なコンセプトの書籍。書かれている内容は、以前同様の書籍に書かれていた事ばかりで、面白さはほぼ無い。

紹介されているゲームでいくつか知らないゲームもあったが、解説はほとんどなく(これは、著者が他の書籍との差別化で画面写真を多用する、と宣言している)、殆どカタログである。

OLD GAMERS HISTORYとの差は、現在進行形のジャンルなので、近年までの作品が紹介されている点だろうか。

偶々なのか、同じ様なコンセプトの書籍に出会ったのは、何かあるのだろうか?と勘繰ってしまうが、多分何も無いだろう・・・

|

« シューティングの最盛期 | トップページ | ギャルゲーの歩み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034180/65076734

この記事へのトラックバック一覧です: 同テーマ:

« シューティングの最盛期 | トップページ | ギャルゲーの歩み »